• 台中日本語教師勉強会

    【台中日本語教師勉強会】 オンライン07 参加者募集 2023年12月2日(土) 台湾時間 午後7時(日本時間午後8時)開始 約1時間を予定 Zoomにて開催 テーマ:板書再考 スピーカー:青山豊&犬山俊之 教室に必ずあるホワイトボード。みなさんはどう使っていますか。 日本語教師養成講座では、「正しい板書の使い方」の指導の授業はありましたか。今もそのとき教えられた通りに使っていらっしゃいますか。現場で教え始めた後、先輩教師から、自分の板書についてコメントをもらった経験はおありですか。どんなコメントでしたか。 あっ、質問ぜめ(に)してすみません。 ...
    ずいぶん遅れてしまいましたが、簡単にこの日の読書会の感想を。 いつもの事ながら、論文の選択及び会の運営をしてくださっている古澤さんには感謝の言葉もありません。この会のおかげで定期的に論文を読む機会を得て本当に助かっています。今回も参加者の皆さんの様々な「読み」が聞けて、大変参考になりました。自分一人で読んだとしても、これほど細かく、深く読むことはできないません。こうした会に参加できて本当に幸せです。 寺村会 読書会の記録→ https://sites.google.com/view/teramurakai/%E8%AA%AD%E6%9B%B8%E4%BC%9A%E3%81%AE...
     ここには、台中日本語教師勉強会オンライン06で扱った『遠くで鳴る雷』(小川未明)について、犬山自身の読みを書いて起きます。 台中日本語教師勉強会オンライン06 告知ページ 台中日本語教師勉強会オンライン06 参加者の感想    *  * ■  『遠くで鳴る雷』犬山の読み  *最初に……。犬山は学習者を「評価する」必要のない立場で日本語を教えています。なので、「犬山の読み方」に同意しない学習者に低い点をつけたり、叱ったりするような事は全くありません。  学習者それぞれの読み方を尊重しますし、他者の意見を聞くことは一人では気づかなかった発見につながり、作品をより深く...
    他の投稿
  • About

    broken image

    台中・彰化近郊の日本語教師が勤務先の垣根を越えて、自由に交流し、意見交換できる場としてこの勉強会を続けています。