• 台中日本語教師勉強会

    先週の勉強会には37名の方が参加してくださいました。 ここには参加された方の感想を掲載します。   【台中日本語教師勉強会オンライン】04 文型にちりばめられて(所謂「文型」の扱い方あれこれ) 日時:2021年4月17日(土曜日) 告知記事 →https://www.blog3.inuyamatw.com/blog/04 《会の流れ》 1 所謂「表現文型」とは何かについて(古屋さん) 2 小グループでの意見交換  ・ぞれの教室での「文型」の扱い  ・「〜ことになっている」をどう教えるか。 3 「〜ことになっている」の機能とは(犬山) 4 「〜やすい」のコロケーションについて(青山さん...
    【台中日本語教師勉強会オンライン】04 文型にちりばめられて (所謂「文型」の扱い方あれこれ) 日時:2021年4月17日(土曜日) 台湾時間午後8時(日本時間午後9時)から 90分の予定 Zoom使用 今回は所謂「文型」について参加者のみなさんと話し合います。 当日は6,7人ほどのスピーカーに5〜10分程度の枠で、所謂「文型」について語ってもらいます。 参加希望の方、犬山までメール、TwitterのDM、Messenger その他でご連絡ください。その際、「聞き手」として参加か、或いは「話し手」として参加か、ご希望をお知らせください。 「話し手」の方は、「文型」を一つ選び、...
    1月16日に行った台中日本語教師勉強会の感想です。 こちらの予想を超えて40名もの方が来てくださいました。 犬山個人にとっては、今まで参加したウェブセミナーの中で一番おもしろかったです。古屋先生のお話を聞きながら、終始「なるほど」「なるほど」とうなずいておりました。同じ現場に立つ教師として共感する部分もありながら、大学という「場」のすごさに驚かされました。しかし、「これは、街場の日本語教室の教師には真似できない」と諦めるのではなく、古屋先生のお話のエッセンスをなんとか自分のクラスにも生かしていければと考えています。 講師の古屋先生、参加してくださったみなさん、本当にありがとうございました...
    他の投稿
  • About

    台中・彰化近郊の日本語教師が勤務先の垣根を越えて、自由に交流し、意見交換できる場としてこの勉強会を続けています。

    すべての投稿
    ×